読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道奥 MICHINOKU せみなりお

聖書を学び、聖書で考え、聖書に生きる

第二歴代誌

第二歴代誌30-32章

ヒゼキヤ王の呼びかけ ヒゼキヤ王による宗教改革が続きます。彼は、ソロモン以来途絶えていた過越の祭りを行いました。そしてその際に、当時もうすでに国家としては崩壊していたイスラエルにも使者を送り、次のように呼びかけます。

第二歴代誌28-29章

28章に記されているのは、アハズ王による南ユダの最低迷期の姿です。ユダは、すでに末期的な状態に陥っている北イスラエルと戦争をして大敗を喫します。なんと十二万人の勇士たちが倒れました。その原因を聖書記者はこう記しています。 …彼らはその父祖の神…

第二歴代誌24-26章

一人の王の生涯の中に、神に対して従順な面と不従順な面が混在している姿が見受けられます。 ヨアシュは、祭司エホヤダの生きている間は、主の目にかなうことを行なった。(24:2)

第二歴代誌4-7章

壮大な神殿建築プロジェクトの詳細が記録されています。

第二歴代誌1-3章

王となったソロモンが真っ先に神に求めたものは何だったでしょうか。 「今、知恵と知識を私に下さい。そうすれば、私はこの民の前に出はいりいたします。さもなければ、だれに、この大いなる、あなたの民をさばくことができましょうか。」(1:9)