読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道奥 MICHINOKU せみなりお

聖書を学び、聖書で考え、聖書に生きる

「神などいない」という信仰

f:id:mentoringservant:20140915081757j:plain

 

現代において最も有名な無神論者はこのように語っています。

 

「信仰とは大変な言い逃れ。根拠を検討して考えることを避けるための、最たる言い訳に過ぎない」(リチャード・ドーキンス)

 

しかし、「私は無神論者だ」という人々も、「神などいない」という“信仰”を強く持っている“信仰者”である場合が非常に多いのです。

 

ドーキンスは日本でもよく知られている人物で、宗教、信仰、聖書、キリスト教に対して非常に厳しい発言を続けている人物です。ブログ読者の皆さんにはお勧めしませんが、私は敢えて彼の本も読みますし、耳を傾けるべき部分もなくはないと思っています。

 

しかし、彼の主張のほとんどは「神などいない」という“信仰”を前提にして語られており、共鳴することはできません。彼は最近「ダウン症の子どもを生む事は非道徳的ことである」などと発言して物議をかもし、しばらくして発言の撤回をしています。

 

愚か者は心の中で、「神はいない」と言っている。彼らは腐っており、忌まわしい事を行なっている。善を行なう者はいない。(詩篇14:1)

 

さて、こういった動画もありますので参考までに紹介します。これは、冒頭に先のドーキンスの言葉を紹介した上で、神などいないという“信仰”、無神論という“宗教”に切り込んでいく作品です。独特のアプローチではありますが、私にとっては共鳴する部分も多くあり、興味深い作品です。

 


進化論 対 神 ~ Evolution vs God~ - YouTube

 

 

 【特に興味のある方へ】「神は妄想だ」と語るドーキンスに対して、神学者アリスター・マクグラスが反論している書物です。神学者として知られるマスグラスですが、そもそもは分子生物学の博士号をオックスフォード大学から取得した科学者です。

神は妄想か?―無神論原理主義とドーキンスによる神の否定

神は妄想か?―無神論原理主義とドーキンスによる神の否定

 

 

宇宙は神が造ったのか?――聖書の「科学」を調べたジャーナリストの記録 (Big Box, Little Box)

宇宙は神が造ったのか?――聖書の「科学」を調べたジャーナリストの記録 (Big Box, Little Box)

  • 作者: リー・ストロベル,峯岸麻子
  • 出版社/メーカー: いのちのことば社
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: ペーパーバック
  • クリック: 14回
  • この商品を含むブログを見る