道奥 MICHINOKU せみなりお

聖書を学び、聖書で考え、聖書に生きる

性的虐待被害者による力強い証し

ニュースを見ていたら、まず目に飛び込んできたのは「禁錮175年」という数字でした。さらに、ラリー・ナサール被告によってなされたその事件の内容を知って、心が痛みました。

 

www.bbc.com

www3.nhk.or.jp

 

しかしそれだけではなく、性的虐待の被害者の一人として法廷に臨んでいたレイチェル・デンホーランダーさん(現在は弁護士)の言葉を聴き、心を打たれました。

彼女のスピーチには、彼女の信仰、聖書に基づく善悪の理解がはっきりと表れています。さらにそれは、厳密に体系立ったものでなかったとしても、私たちの救い主によってもたらされる真の幸福を力強く証しするものであったと思います。

 

www.thegospelcoalition.org

 

日本語訳をまだ見つけることができていないので、拙いながら大まかに訳してみました。厳密な翻訳ではなく粗い文章ですが、大意はつかめると思います。

 

あなたは、自己中心と歪んだ欲望によって支配された男性となってしまいました。自身が日々繰り返す選択によってその自己中心と歪みを明らかに増長させてきた男性です。あなたは、それが他の人にどんな犠牲をもたらすかに関わらず、あなたの邪悪さを突き詰めることを選びました。私にとってあなたが行ったことと反対の事は、私がどんな代価を払うことになっても犠牲的に愛することを選ぶということです。

 

初期に行われた審問において、あなたは聖書を法廷に持って来ました。そして、あなたは赦しを求める祈りについて話しました。ですから、私があなたにお伝えしていることは、そのことに基づいています。あなたが携えている聖書を読んだなら、犠牲的な愛の表現の定義が分かるでしょう。自分が犯したのではない罪の代償を支払うために全て投げ出すというほどの、神ご自身の犠牲な愛です。この神の恵みゆえに、私自身も同じように愛することを選択します。

 

あなたは赦しを求める祈りについて話しました。でも、ラリーさん、あなたが持っている聖書を読んだなら、赦しが善行によって与えられるのではないこと、あなたが善い行いをしたとしても自分のしてしまったことを消すことはできないということが分かるでしょう。

 

それは、あなたが今日のこの法廷で見たことを善い行為が消去できるかのように振る舞うことなく、あなたが完全な腐敗と恐怖の中で、軽減なしで何をしてきたのか真実を直面し、認めなければならない悔い改めから来ます。

 

赦しは、悔い改めによってもたらされるのです。悔い改めは、割引せず、言い訳せず、今日法廷で明らかになったことをまるで消し去ることができるかのように振る舞うことなく、その全くの堕落とおぞましさの全ての中で、あなたの為したことについての真実としっかり向き合い、それを認めるものです。

 

あなたが聖書を持っているなら、小さな者をつまずかせることよりも、あなたの首に石がくくりつけられ、一緒に海に投げ入れられる方がましだと言われているのを見るでしょう。そして、あなたは何百もの人々を傷つけました。

 

聖書は、神の全ての御怒りと永遠の恐怖があなたのような人に注がれるという最後の審判について伝えています。もしあなたが、あなた自身の行ったことに真に向き合うなら、その罪責は打ち砕かれることになるのです。そして、それはキリストの福音をとても甘美なものにします。なぜなら、そのことは、他のどこにも見いだされることのない恵みと希望と憐れみを差し出してくれるでしょう。あなたのためにあるのです。

 

あなたが罪責の重みによって魂が砕かれる経験をするように、そして、いつの日か真の悔い改めと神からの真の赦しを経験するようにと祈っています。私自身、あなたへの赦しを差し出したいと思いますが、神の赦しは私からの赦しよりもはるかに必要なものです。

 

この一連のプロセス全体の中で、私は次のC.S.ルイスの引用を握りしめています。

 

「この世界がとても残酷で不公正に見えるというのが、神に私の主張でした。しかし、公正とか不公正という概念自体を私はどこで得たのでしょうか? まず初めに直線という概念がなければ、人は線が曲がっていると言うことはないはずです。この世界が不公正だと私が言う時、私はいったい何と比べてそう言っているのでしょうか。」

 

ラリーさん、それゆえ、私はあなたが邪悪で不道徳なことを行ったと言うことができます。真っ直ぐな線が存在しているゆえに、それが邪悪で不道徳であると分かるのです。真っ直ぐな線は、あなたの認識や誰かの認識に基づいて判断されるのではなく、このことは私が自分の経験した虐待についての真実を矮小化したり割り引いたりせずに語ることができることを意味します。私は善が何であるかを知っているゆえに、あなたのしたことを罪だと呼ぶことができるのです。だからこそ、私はあなたに同情しているのです。人が善と悪を定義する能力を失う時、悪を定義できなくなっている時、その人々は本当の意味で善いものを定義することも享受することもできなくなってしまうからです。

 

人が他の人間、特に子どもに対して罪悪感を持つことなく害を及ぼすことができてしまう時、彼らは真の意味で愛する能力を失っているのです。ラリーさん、あなたはこの世界において、あなたに喜びと充実感をもたらしてくれるはずの、真に美しい善なるものから自分自身を締め出してしまいました。そのことで私は、あなたに同情しているのです。ここに立ち上がったすべての女性は、あなたが無実の子どもであるかのようにあなたを愛しました。真に純粋なあなたに対する愛でした。それは充足しませんでした(?)。

 

私は、結婚において魂が充足する喜びを経験しました。それは、犠牲的な愛と安全さと優しさとケアの上に建て上げられた結婚です。真の親密さ、その最も深い喜びを経験しました。それは美しく、神聖で、栄光に満ちたものです。それは、あなたが自ら拒絶し、未だ経験することができていない喜びなのです。私はあなたに同情します。

 

私は、若い体操選手のために、彼女たちが不器用な少女から優雅で美しい自信を持ったアスリートに変わっていくのを助ける働きをしてきました。彼女たちにとっての最善を求めるゆえ、彼女たちの成功を喜んできました。そして、この喜びは、あなたが自ら永遠に拒絶してしまったものです。なぜなら、あなたが人を助けようとする熱意は、人を傷つけたいという欲望の隠れ蓑以上のものではなかったからです。

 

腕の中で小さな子どもたちを包み込み、彼女たちが私が安全な人物であるゆえに安全と安心を感じられるようにするということに、私は深い満足を覚えながら生きて来ました。これは表現することができないほどに豊かな喜びであり、あなたが自ら拒絶してきたものです。あなたは安全な人物ではないから。私はあなたに同情します。

 

矮小化や割引きをすることなく悪を悪と呼ぶ能力を失う中で、あなたは愛と善を定義し、享受する能力を失ってしまいました。あなたは、あなたを閉じ込めるどんな牢獄よりもはるかに悲惨なものをあなた自身のために形作ってしまいました。あなたを哀れに思います。 

 


Rachael Denhollander gives powerful, final victim statement in Nassar sentencing

 

彼女のスピーチを聴いていくつものことを考えさせられましたが、以下、重要と思うものを挙げてみます。

 

  • そもそも善と悪、公正と不公正を論じるためには、真に「真っ直ぐ」なものを知らなければならない。正義なる絶対者、神を無視して善と悪を考えることはできない。 
  • 罪とは、単に「悪いこと」であるだけでなく、「真に善いこと」「真に美しく喜ばしいもの」の拒絶でもあるということ。そして、私たち人間はあまりにも容易にそれをしてしまうこと。
  •  相手の罪をはっきりと指摘すること(正義)と、相手に同情し、愛を示すということ(恵み)が、イエス・キリストにあっては全く矛盾しないこと。
  •  酷い虐待の被害者であっても、被害者意識にとどまり続けることを止め、自己憐憫の思いではなく深く豊かな喜びをもって生き、他者に仕える歩みをすることができる。復讐ではなく、愛をさえ相手に与えることができる。

 

みなさんは、彼女の言葉を聴いて、どのようなことを考えるでしょうか。

 

 

聖書に登場する12人の非凡な女性たち―聖書の女性たちはどのように形づくられたか、神はあな

聖書に登場する12人の非凡な女性たち―聖書の女性たちはどのように形づくられたか、神はあな

 

 

互いに助け合うために - 主の御手の器として、変化を必要としている人々が互いに助け合うために (MyISBN - デザインエッグ社)

互いに助け合うために - 主の御手の器として、変化を必要としている人々が互いに助け合うために (MyISBN - デザインエッグ社)

  • 作者: ポール・デービッド・トリップ,舟田恵利紗
  • 出版社/メーカー: デザインエッグ社
  • 発売日: 2017/07/17
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
  • この商品を含むブログを見る