道奥 MICHINOKU せみなりお

聖書を学び、聖書で考え、聖書に生きる

『病床で学んだこと』

病床で学んだこと (いのちのことば社)

病床で学んだこと (いのちのことば社)

  • 作者: ジョン・パイパー,古田大展
  • 出版社/メーカー: いのちのことば社
  • 発売日: 2017/07/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
 
病気について、病床での日々や心の動きについて、そして、神とその御言葉について、易しく深く語りかけてくれる本でした。少し体調を崩して休んでいる今日、夕方に手にとってすぐに読み終えました。短い本で、活字も大きいので病床にある方にも贈ることができそうです。

主との親しい交わり

f:id:mentoringservant:20170610181251j:plain

チャールズ・スウィンドル著『全能の主との親しい交わり』は、93頁の小さな良書です。私はこれをだいたい年に一度、取り出してじっくり考えながら読みます。なかなか手に入りにくくなっているように思いますが、現在、Amazonで何冊か中古が手に入りそうですね。

 

続きを読む

『苦しみの意味』

f:id:mentoringservant:20170214210713j:plain

知人がfacebookで『沈黙ーサイレンス』を観た人々に対して、この本を勧めていた。これは「神がいるなら、なぜ苦しみが存在するのか」という問題について深く考えさせる良書だ。 絶版になっていたが、今(2017年2月14日現在)ならAmazonで中古が何冊か出ている。私も心からオススメしたい。

 

苦しみの意味

苦しみの意味

 

 

詩篇119篇

f:id:mentoringservant:20150127130704j:plain

詩篇119編は「みことば詩篇」とも呼ぶべきもので、神のことばの麗しさ、それを信頼して歩むことの幸い、また、もっと深く知りたいという願いに満ち溢れた詩です。この詩篇は、私たちの手にしている聖書全体の中で最も長い章でもあります。ここから、二つの「ショウメイ」について学んでおきましょう。

 

続きを読む

ヨハネの黙示録20章

f:id:mentoringservant:20140925171531j:plain

閉じ込められるサタン

 

悪魔、サタン、竜、古い蛇は、同じ存在を指しています。

 

また私は、御使いが底知れぬ所のかぎと大きな鎖とを手に持って、天から下って来るのを見た。彼は、悪魔でありサタンである竜、あの古い蛇を捕らえ、これを千年の間縛って、底知れぬ所に投げ込んで、そこを閉じ、その上に封印して、千年の終わるまでは、それが諸国の民を惑わすことのないようにした。サタンは、そのあとでしばらくの間、解き放されなければならない。(20:1-3)

 

続きを読む